人気ブログへ"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

道徳的発展

10月最後の週末ですね。
今日は、予定通り保健所から保護したラヴィを里親さんと動物病院に連れて行きました。

200810240025000.jpg

今日の血液検査とエコー検査で分かったことは、

○手術(麻酔)に耐えられる体であるということ。
○胆石になる前の胆泥病を持っていること。
○子宮蓄膿症はないとのこと。
○歯の状態から12歳くらいではないかということ・・・・etc

抗生剤を飲んで7日後、レントゲンを撮ってガン転移がないかどうかを調べ、
手術の予定を立てることとなりました。
急を要する腫瘍ではないとの判断の結果です。

早期発見、早期治療が大事なのに、
ラヴィの腫瘍の大きさから不安は尽きませんが、
今は最悪の場合のことは考えたり口にしたくはありません。

もう一度、奇跡が起きますように・・・・・


今日院長が言ってくれた言葉、

「この子は性格がすれてない。背中に傷もあるけど、愛されて生きてきた子だと思うよ。
虐待された子は、手を上げようとするしぐさに目をつぶるんだよね。
どんな暮らしをしてたかはわからないけど、辛いことばかりではなかったと思う。」

犬が喋れたら、この傷どうしたの?とか、何があったの?って聞いてみたいですよね絵文字名を入力してください
愛してても捨てなくてはいけない理由が、まれにあるというのでしょうか・・・・


私のブログ友達のおぎわんさんも、
愛されていただろうに捨てられたシーズの一時保護を決断致しました。

先週、岐阜のとあるペットホテル&美容院さんに数日の宿泊費を置いて、
「もう飼えないから、好きにして。」とシーズーちゃんを押し付けて逃げた飼い主がいるそうです。
ミクシー内での命の期限を知り、
3匹のシュナウザーを飼ってるおぎわんさんのお嬢さんが引き受けたそうです。
室内トイレは完璧で、お手もお変わりもできる8歳の女の子です。

503895170_85ss.jpg

詳細はおぎわんさんのブログに載っております。
転載・里親などご協力いただける方がいましたらお力添えをお願いします。


海外ではペットに対する価値観が全くちがいます。
ドイツでは「ティアハイム」という動物保護施設があり、
ここに収容された犬や猫、さまざまな動物達は殺されることはありません。

・ペットショップでは生体の販売が禁止されています。

・莫大な資金は全て寄付でまかない運営されています。

・フランスでは犬の散歩を怠たった場合は罰金。

・犬を飼う場合は、犬税を払う。

日本では無理なことなんでしょうか・・・・。
ペットを飼う人たちに、愛護団体や盲導犬のための税金のようなものを負担することを
狂犬病注射のように義務化したら・・それがたったの500円だろうと100円だろうと、
莫大な資金が生まれるのではないでしょうか・・・・

国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。

↑これはガンジーの言葉です。



【10/27 追記です】

10月29日(水)が命の期限

mayoi.jpg



この子は皆様が命を繋げてくださったラヴィちゃんの引き出し時に、

収容されていたミニチュアダックスの女の子(推定5歳・茶色)です!

本日、27日朝に保健所へ問い合わせをしたところ、

今のところ飼い主・譲渡希望者はいないそうです・・・・。


◆健康状態問題ない
◆すごく大人しい

この子の新しい家族になってもいいとおっしゃる方が

いらっしゃいましたら、どうかご連絡いただけませんでしょうか?

里親様が見つかり次第すぐに引き出しに行ってあげたいと思っております!

かけがえのない家族
へのコメントでも直接メールをしていただいてもかまいません。
(※ swallowtail.821.@docomo.ne.jp 29日が過ぎたら消させていただきます。)


もちろん車でお伺いできるお住まいでしたら遠くてもお届けいたします!

東京でも大阪でも福岡でもおっしゃってください!

引き出し後は、動物病院にて健康診断等をさせる予定です。

どうか一匹でも多くの子の命が救われますように!!

ご協力宜しくお願いいたします。
「10/27 21:00」

↑里親希望が数件あり、保健所からの引き出しを決定致しました。
ご協力ありがとうございました。


人気ブログへ"     1回クリックしてもらえると嬉しいです
スポンサーサイト
コメント
No title
ラヴィちゃん、癌の転移がないことを祈ります。
それにしても、どうしてこうも自分の家族を簡単に手放せる人が多いのでしょう・・・
今は、多くの方たちが個人的に、いろいろなボランティア団体を応援し、寄付しているのが現状だと思います。でも、どこも相当な資金難でだと聞きます。
本当に、なんとかならないものかと切に思います。
雛のママ URL 2008年10月26日 02:27:43 編集
No title
早速のリンクありがとうございました!感謝でいっぱいです!↑雛のママさんも来て下さいました(涙)
娘に振り回されっぱなしですが、頑張りますね!

カンジーさんはやはり素晴らしい!偉大なお方です。。。
おぎわん URL 2008年10月26日 11:20:47 編集
No title
ラヴィちゃん、早く治療が終わって、安心して暮らせるといいですね、おぎわんさんの方にも行ってみます。
reomamaも、蘭丸が、お行儀悪い時には、頭にきます、犬も人間の子供と一緒です、飼い主も我慢しないといけないことだらけです、ブログを発信する者として、そういう苦労も、皆さんに知らせないといけないなと思いました、生きものを飼うのは、覚悟がいるぞって・・
reomama URL 2008年10月26日 13:46:18 編集
ラヴィママより
ラヴィと初めて過ごす日曜日!私は(月)~(土)まで仕事、共働きでスーパーに昼休みにママチャリ乗って買い物、家事におわれる毎日を過ごしていました。昨日の動物病院で先生に色々聞いて今日はペットショップにハーネスとリードを買いに行きます!ラヴィと過ごす日曜日は私にとって1週間仕事と家事を頑張ったご褒美の日になりそうです。
子犬の赤ちゃんはぬいぐるみみたいでとてもかわいい、でも里親として成犬から過ごしてもいろんな発見があってかわいいんです。ラヴィは昨日ベットで私の顔を初めてなめてくれてうれしくて涙がでました。捨て犬は辛い過去を経験してるからこそ、愛情が伝わると体を使って表現してくれるんです。ラヴィの前の飼い主さん、肺に転移はないですよね?そんな思いで手元供養もしているムック仏壇の前で無意識に祈っていました。
里親になろうか迷っている方がいたら…背中を押してあげたい、そんな思いで今日はコメントしました。
ひっとん URL 2008年10月26日 14:12:01 編集
No title
こんにちは~我が家も、愛するモモを見送ってから、改めて動物の命の重さを感じさせられました。

近頃のペットブームで、よくワンチャン達を連れて外出してる人を多く見かけるようになりましたね~

ワンチャングッズや、ペットの至れり尽くせりの商品があふれるなかで、お話のように、簡単に捨てられている動物達があとをたたないんですよね

最後のガンジーさんのお言葉、心にじ~んと残りましたよ
まさちゃん URL 2008年10月26日 16:02:01 編集
No title
彼の事ではご心配をおかけしましたが、おかげさまで順調に回復してきています。
あたたかいメッセージありがとうございました。

ラヴィちゃんにお家が見つかって良かったですね。
病気になったから捨てるなんてそんな酷い事どうして出来るのでしょうか。
しかもこれまでに虐待の形跡もなく可愛がられてきた感じなのでしょう。
だからこそ愛犬が苦しむ姿が見たくないとでも思ったのかな・・・。
いつまでもご主人さまの元にいたかっただろうに。
新しいお家でちゃんと病気のケアをしてもらってね。

病気が治りますように祈っています。
きっと奇跡はもう一度起こりますよ♪。
ユミ URL 2008年10月26日 17:37:29 編集
No title
ガンジーの言葉!
>国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。

この言葉が全てを物語っていますね!

役に立てるか分かりませんが、自分のブログにも、シーズーちゃんの記事は転載してみます!
らん URL 2008年10月26日 19:43:45 編集
こんばんは!
動物保護施設も
ビジネス的発想があれば
運営できる可能性がありますね~

私が社会起業家で頑張って
交流を増やしていけば
そういう事業を始めたいって人が
現われるかもしれません。

そうしたら私もNPOの1人となって
支援していくつもりです!

lishoさんの想いから産まれた
私の仕事!
成功するまで頑張ります!
優希 URL 2008年10月26日 22:31:46 編集
No title
わんちゃん新しい飼い主さん
のところで幸せそうですね
(*´∇`*)
コメントみて嬉しくなりました
(*´ェ`*)

でもほんと日本も
ペット=家族という意識
もっともたないと
飼ってはいけませんよね。
最近腹立たしいニュース
ばかりで悲しすぎます。
みゅー URL 2008年10月27日 13:21:33 編集
こんばんは♪
本当、”犬語”を理解できれば、
色々、聞きたい事がありますよね。

犬はきっと、人間を身勝手に思っているのかな?
それとも、優しいと思っているのかな?

たまたま、飼われた、その飼い主できっと、決まるんでしょうね。

ミニチュアダックス、巡りあえる方がいればいいですね(祈)
がら URL 2008年10月27日 17:46:12 編集
No title
ホントに酷い話が多いですね。
どうして何年も一緒に暮らしたワンコを、
手放す事が出来るんだろう・・・・。
ワンコ達は何も悪くないのに・・・。
みんな良い子なのに・・・。

ラヴィちゃんの腫瘍、良い方向に向かいますように。
元気になって、幸せな楽しい日々をおくる事が出来ますように。
RUU URL 2008年10月27日 21:42:22 編集
No title
こんばんは~
ガンジーの言葉、すごいですね
偉大だーと叫んでしまいたい!
ラヴィちゃん、どうか転移がありませんように祈ります
ZEROのニュース・・・信じられない・・・簡単に家族を捨てるな!とこれも叫びたいです!
レイママ URL 2008年10月27日 22:22:39 編集
No title
今日見に来たら、また別のダックスちゃんの写真が、ドキドキして記事を読んで行ったら、どなたか里親になって下さるんですね
よかったですね、
reomama、こういう記事を読むと
寿命が縮みそうです、せめてあと
15年、蘭丸が生きてる間は、生命維持しなくっちゃ♪
reomama URL 2008年10月27日 23:52:01 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

訪問回数表示

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

カテゴリー

リンク

FREE

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。